KniToricot フランス式、アメリカ式
2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
フランス式、アメリカ式
こんにちは。
今日もなんだか中途半端な天気で、外にでかけてパーッとするような天気ではありません。



ところで、棒編みを本格的にするようになったのが今年の頭位から、つまりこのブログを始めてからという若輩者なんですが、編み方に「フランス式」「アメリカ式」の違いがあることを知りました。
先輩方はご存知だと思いますが、

 フランス式 → 左に糸を持って糸を繰り出す
 アメリカ式 → 右に糸を持って針に糸をひっかける

こういう違いがあります。
詳しくは他のページを探してみて下さい。

しかし、フランスの映画や老人ホームなんかで編み物をしているフランス人マダムで、フランス式で編んでる人を見た事がありません…。
義母もアメリカ式です。

「フランス」式なのにね
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

え!
義母さんアメリカ式なんだ?
フランス人はフランス式って勝手に思ってたよー。
youtubeでそのようにお勧めされたっていう単純な理由で私はフランス式で初めたよー



バニ美さん
フランスの毛糸メーカー・PhilderのPoint mousse(ガータ編み)の動画でもアメリカ式(イギリス式?)なんだよ〜。
http://www.youtube.com/watch?v=bpI6Xr32ZY0
映画でもあんまりフランス式で編んでる場面はないに等しいかも…。

CetelemのCMのYouTubeを貼ってみた。


プロフィール

メェ

Author:メェ
フランス・パリ西郊外のYvelines県(78)在住。2010年から編み物を始め、2012年から本格的に(?)編み物に向き合うことになりました。平日に編み物、週末に料理…かな。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
たいしたことは書いていませんが、文章・画像・リンクの無断使用はご遠慮ください。
うっかり見落としでコメント返信できてない時があるかもしれませんので、その時はお手数ですがお伝えください。m(_ _)m

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。